ガール・ド・リヨン再訪
す〜っかり更新をご無沙汰してました(^_^;)
東日本大震災後は初めてかな。とはいっても、実は震災後すぐからもちょこちょことは気になるお店には行っていたのだけど、いざレポを作成するとなるとなかなか後手後手にまわってしまって…。
一応、なんとか画像だけではあげていたんですが、肝心の文章がなかなか書くのがめんどくさいと思ってしまっておりました。

さて。
先ほど申し上げたように東日本大震災が3月11日にあったわけだけど、実は当初、その次の日の12日に行く予定にしていたのが今回のお店。しかし、一緒に行く友達が大震災当日は会社に泊まりその12日に一旦帰宅することにしたものの、今度は電車が不通で都会(笑)に来れなくなってしまってやむなくキャンセル。結局、さらに次の日である13日にこのお店の再訪ができたのでした。

そのお店とは「ガール・ド・リヨン」。ええ、以前も一度行ったことがあるビストロ。今回同行の友達はワイン好きながら最近、とみに防腐剤が入ったワインが呑むと悪酔いするようになったとかで、しかしここのワインならたぶん大丈夫だろうということで、ならばと再訪と相成りました。

d0112043_15482155.jpg
大震災のたった2日後に再訪したお店。このお店は東京にあるのでもちろん(?)無傷でこの日も通常通り営業しておりました。





d0112043_15483025.jpg
スタッフの方が、「あんな大きな地震があったあとなのによくいらっしゃって下さいました。これはサービスです」といって出していただいたウェルカム・ドリンクのワイン。
ええ、ありがたく美味しくいただきました037.gif


d0112043_15484131.jpg
この日の黒板メニュー。


d0112043_15485168.jpg
前にも記しましたが、ここのお店のワインはすべてビオワイン(無農薬有機農法のブドウで造ったワイン)なのです。だから、体に優しいワインで、悪酔いしにくいてわけ。もっとも私には今のところそんなに大差ないですけど(爆)。


d0112043_1549229.jpg
早速オーダーしたのは「マダイとカレイのカルパッチョ」。カルパッチョだ〜い好きなんだよねえ。お店でワインを嗜む時は白ワインから始めて赤ワインに移行することが多いんだけど、カルパッチョはまさに白ワインのお供にピッタリだもんね!このカルパッチョもしこしこと歯ごたえがあってとても美味しゅうございました。


d0112043_1549119.jpg
やっぱり野菜も欲しいところ。というわけで、「野生ルッコラのサラダ」をオーダー。ルッコラも大好きなんだよねー。だからワシワシ食べちゃうw 野生ってのがまたワイルドでいいじゃないですか(^m^)


d0112043_1549198.jpg
ある意味本日のメインイベントな「カキとカニのクリームグラタン」。
なんでメインイベントかとゆーと…実は私はカキが食べられないのです。正確には食べられないというより嫌いなのよ。それはカキにアタったという経験があるからというわけじゃなくて単にあの内臓チックなビジュアルと味がダメというか(^_^;)
それは同行の友達も知るところなんだけど、この日は何故か挑戦してみる気になりましてね(笑)、思い切ってオーダーしてみたわけです。
すると…なんとフツーに美味しく食べられたじゃないですかっ!!臭みも一切感じることもなくとても美味しくね。
そんな私の様子を見て何よりも感動していたのは同行のカキ好きの友達。
今まではカキをオーダーのうちに入っていてもその友達に惜しみなく差し上げてたからねえ。
とはいえ、恐らくこれからも率先してカキ料理をオーダーすることはないとは思うけど、それでもここ「ガールズ・ド・リヨン」でだったら“食べることもできる”ことが証明されたわけで、これは大きな一歩だと思うわけです。かなり大げさですが(笑)。


d0112043_15492941.jpg
このころにはさっさと赤ワインに移行していて、そのワイン用のアテが欲しいということでオーダーしたのがこれ。
チーズや生ハムなんかの前菜的なものが揃ってます。なんか料理が逆行しているって気がしなくもないですが、まあ言いっこなしってことで(笑)。


d0112043_15493833.jpg
ここで登場したラタトゥイユもそのひとつ。ラタトゥイユも大好きな料理のひとつなワタクシ。もちろん赤ワインにラタトゥイユを交互に口に運んでエンドレス状態でございました(笑)。


d0112043_15494646.jpg
赤ワインとなれば味にコクがある濃厚なものが欲しいでしょ、てことでオーダーしたイカのワタ入りの料理(名前失念)。濃厚ながらも決してくどいわけじゃなくて、まさにピッタリな料理でございましたよ。

てことで。
今回も例によってたくさんいただきましたよ。
ワインも少なくとも一人1本は呑んだのだけど、次の日も全然響くことがなく、今のところ私自身の体にはビオワインとそうでないワインでは全然違いがなくてといっても、やはり体にはこちらの方がいいのかもしれないね。
そういう意味では、ビオワインが気軽に呑めるところとして、これからもリピートしてしまいそうです(^-^)。

【ガール・ド・リヨン】
http://www.garedelyon.jp/
http://r.tabelog.com/tokyo/A1302/A130202/13040139/
[PR]
by lunchat | 2011-03-12 00:00 | ■フレンチ&ビストロ
<< MISHIMA in 吉祥寺 恵比寿のスペインバルめぐり >>