旬菜食堂 山吹 in狛江
狛江在住の友達が、仕事が一段落したから、前から気になっていたお店に行こうよと誘ってくれました。
d0112043_15263213.jpg
それがこの山吹というお店なのです。もちろんお初。
旬菜食堂となってるけど、もともとは串かつのお店だったそうで、最近(?)串かつだけではなく他の料理も出すお店となったそう。
そんなに大きなお店ではないし地元御用達という感じらしいけど、串かつが美味しいとの評判だそうで、友達はそれを観ていたら猛烈に串かつが食べたくなったらしい(笑)。

中に入ると男性料理人がいらっしゃって、何となくこだわりをもってて小難しそうな感じもしたので、事前に写真を撮る許可を得ましたよ。


d0112043_15264199.jpg
まずはお疲れちゃーんということで、ビールで乾杯。
こちらは白穂乃香という名のビール。
きめ細やかで優しくて、普段ビールの味があまり良くわからないという私(爆)ではありますが、とても美味しくいただきましたよ。

メニューを色々と見てみると、結構自分好みなものが多くて結構迷っちゃいましたわ。
何故かっていうと青魚系のメニューが多くてね。私、無類の鯖好きでもあり青魚好き。そんな私の胸中を見透かされているようなラインナップでしたわ。


d0112043_15264893.jpg
その中でダントツ&真っ先に食べたいっ!と思ったのがこちら「鯖とアボカドのブルスケッタ」。
これ、大ヒット!!めちゃくちゃ旨かったよ。
鯖とアボカドの組み合わせなんて普通考えないよね。なのに合うんだなこれが。
他にもバケットにマーガリン(たぶんバターじゃないと思う)が塗ってあり、マスタードも入ってるし、さらに上には粒胡椒。かいわれ(あれ?水菜だったか?)もイン。
色々な味が口の中で合わさって、実に複雑な味として美味しく感じましたよ。
鯖はもちろん全然生臭くないしお刺身として充分食べられるものだしで、もう言うことないですよ。
家で真似てやったら出来そうにも思うけど、きっと微妙に出せないだろうなと思う一品でした。
いやもう、これのためだけに再訪したいと思うくらい、鯖好きな私としては花丸状態でした053.gif(うっとりと妄想モードw)


d0112043_1526561.jpg

d0112043_1527446.jpg

d0112043_15271337.jpg

d0112043_15272159.jpg
串かつに定評があるということだから串かつおまかせ8点をオーダーしてみました。
ほたて、カマンベール、いわしの梅シソのせなど色々といただきましたが、どれも衣がサクサクで、揚げ物なのに全然重くなくて旨い!
ソースは壷に入っているソースに二度漬け禁止…とかそういうのじゃなくて、それぞれの小皿にお好みで。
いわしの梅しそなどはもちろんソースなしで食すし、タルタルソースがかかっているものももちろんそのタルタルソースでいただきます。
このタルタルソースが個人的にはすごく好き。見た目と違ってあっさりしてて美味しい。たぶん自家製だと思うよ。


d0112043_15272896.jpg
こちらは「豚のガーリック風味ペーストと薄切りバケットの前菜」。
ペーストは豚感(っていうの?w)いっぱいで食べごたえあって、こちらは完全にワインのおつまみですねん。
ええ、実はこの頃は早々にワインにシフトしておりましたよ(笑)。

そうそう、ここのドリンクメニューなんですが、ワインが無茶苦茶安いんです。
特にハウスワイン。だってね、ボトルで1200円なんですよ。信じられない安さ!ですよ、奥さんっ!!
聞けば、ワインはスペイン産だそうで、お徳用の箱に入っているやつ。
ちゃんとこれですよって見せて下さいましたから正直ね(笑)。
箱のものだとしても、普通ボトルぐらいの量を1200円で出すところってまずほとんどないよね。
そりゃ、新宿とか銀座とかの都心部じゃないから出来るとも言えるかもですが、でも味もハウスワインと侮るなかれ、刺すような刺激もないしありがちな軽さもなくて結構美味しかったですよん。


d0112043_15273578.jpg
「牛ハチノス(胃袋)の黒豆蒸し(小皿)」。
メニューには小皿ってあるけど、全然小皿じゃなくてちゃんと量もありましたよ。
ハチノスの黒豆蒸しなんて珍しいと思ってオーダーしたものだけど、味はこちらは打って変わって思いっきり中華風で、青唐辛子が結構効いてて辛くてやや味が濃かったかな。でもそれが逆にお酒が進んで困ります(笑)。


d0112043_15274392.jpg
お腹はそろそろ一杯になってきているんだけど、ワインが安いのをいいことにダラダラと飲みたい私達は、さらにワインのおつまみになるものをということで、王道のポテサラを頼んでみましたよ。
アイスクリームを成形するやつを使ったんだなと丸わかりの、なかなか大胆なレイアウトです(笑)。
味も王道のポテサラでしたよん。


d0112043_1527505.jpg
かじかの子の醤油漬けというのがあったのでそれは珍しそうだからと頼もうとしたら、シェフに「…それはワインには合いませんよ」と言われ、それはもっともだと思い、代わりにオーダーしたのがこのブルーチーズ。
ブルーチーズはもちろんワインのお供としては王道中の王道。
こちらのブルーチーズはどこのか聞かなかったけど、それほどカビもキツくなくて、ちびちびワインを飲みながら食べるには最適でございましたわ。


d0112043_15275724.jpg
ダメ押しでオーダーした「蒸し鶏(柚子こしょうだれ)」。
こちらは胸肉を蒸したものだと思われ、ややパサつき感を感じたけども、概ね美味しくいただきました。


ということで、今回もガッツリ飲んで食べましたね(笑)。
しかし、狛江も「太乃志」といい、なかなかどうしていいお店が多いですなあ。
すぐ隣であるうちの街もこだわりのお店があると思うけど、単に私が開拓してないからだろうけど未だにこれというお店が見つかってないのが現状で。
新参者のうちらよりどうも常連さんにばかり愛想良く気が行っていることが少し気になったけども、それは地元に密着しているお店なんだからしょうがない話。
それを差し引いても、こんないいお店が狛江にあって、若干ジェラシーを感じるような今回のお店でございました。


【旬菜食堂 山吹】(リンクでは、「串かつ山吹」と表記)
http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132603/13054188/
[PR]
by lunchat | 2012-08-04 00:00 | ■呑むほどに酔うほどに
<< 吉祥寺魚金と、アフター居酒屋と... 四季の里のタコ料理 in上野 >>