カテゴリ:■中国料理とラーメン( 2 )
中国・雲南料理「過橋米線」 in 吉祥寺
中国・雲南料理のお店、過橋米線に行ってきましたよ。今回は吉祥寺。
今回は・・・と書いたのは、実は数年前に末広町にあるお店にすでに行ったことがあるんですわ。
末広町(お店の紹介には秋葉原となってますが)のお店は、マスコミでも取り上げられること多数のせいか、連日満員状態なのです。
今じゃ本店になっているそのお店は数年前に一度行ったきりで、とても美味くてリピートしたいぐらいだったけど、私的にアクセスが不便なので行かずじまいでした。
んで、最近になって遅まきながら吉祥寺に支店があることを発見し、ならば家から比較的近い支店に一度行ってみようかと思い、今回の実現となりました^^

d0112043_11285822.jpg
場所は、三多摩在住者が知らなければもぐりと言われる(か?)いせやの、新しくなったビルの地下1階。写真にもいせやの赤ちょうちんが写ってますでしょ^^

さて。↓↓↓
[PR]
by lunchat | 2009-08-22 00:00 | ■中国料理とラーメン
本郷三丁目の辛いモン2種
大変ご無沙汰してます(^^ゞ)
ブログ、すっかり滞ってしまいました~。
しかも、書きかけの博多旅行はしばらく休憩中になってまして・・・すんません。
博多旅行レポ、書く気はあるんですが、ちょっとその間に簡単に書けるやつを(笑)。
といっても、こちらも約1ヶ月前に食したもののレポになります~^^;;

で。
1ヶ月ほど前に、東京は本郷三丁目という地下鉄の駅の至近で単発の出稼ぎをやってまいりました。
その時の昼食に食したもの、辛いモン2種です。
私にしては、久しぶりに麺中心でございました。
(普段、あまり麺、特にラーメン類はなぜか食べないんですよね・・・^^;;)

まずは、行ったのが土日だったため、やっているお店が少なかったんだけど・・・。
ふとあるお店を見ると、なにやら私の大好きな辛そうな赤色したメニューがあるじゃないですか~。
見た目、マーボー飯のような様子だけど、名前は「陳麻飯(チンマーハン)」とある。
その辛そうな画は半端じゃなさそうな予感だったので、フラフラと入りました。
d0112043_23412928.jpg
見るからにマーボー飯ですね。
ええ、そうだと思います(笑)。
実際食べてみると、さらにから~いマーボー飯といったところでしょうか。
ここのお店「陳麻家」といって、チェーン店なんだそうです。私は知りませんでしたが。
http://www.chin-ma-ya.com/

でもね、結構イケましたよ。うん、本当に辛い辛い。
辛いだけなのかと思ったら、意外にも(失礼)味があって。
しかも、辛さは唐辛子というよりも山椒の味の方がかなり強いです。ほんと、山椒たっぷり。
四川料理は本来は山椒の味で辛さを出していると聞いたことがあるので、本格的なものとはこうなのかもしれません。
(中国料理は詳しくないんで・・・すんません^^;;)

実は。
当初は坦々麺が食べたかったんですよ。
でも、この陳麻飯に目が釘付けになったのですが、優柔不断な私は最後まで迷いに迷いまして。
で、結局・・・
d0112043_2348415.jpg
セットで頼んじゃいました(笑)。
「陳麻飯セット 半坦々麺付」です。お値段は850円。
こんな優柔不断な私の欲求にも応えてくれる嬉しいメニューがあってありがたいわ~☆

で、もうひとつの坦々麺。
こちらは、陳麻飯と交互に食べたせいか、とっても優しい味に感じたな。
そのくせ、胡麻の味がとっても濃くでてて、陳麻飯との味の違いがわかって、セットだととってもお得だな。
味が濃いもの同士で、確実にのどが渇きますが(笑)。
d0112043_0374673.jpg
半坦々麺といえど、結構量がありました。
なんだかんだいっても全部食べちゃったけど・・・って、それもいつものことですけど(笑)。


さて、次。
タイトルに2種と書いたのは、上記の坦々麺と陳麻飯のことじゃありません。
次の週に同じ本郷三丁目で、もうひとつ気になっていたお店に行ってきました。
お店の名前は「西安刀削麺酒楼」。
http://r.gnavi.co.jp/g923204/

そう、知る人ぞ知る(?)刀削麺のお店ですね。
ここもいくつかの支店をもつお店。あとあと考えたら、かなり前に、いつもの出稼ぎ先と呼んでいる会社がまだ虎ノ門にあった頃から気になっていたお店で、その本郷店であることが判明。
虎ノ門にしかお店が出てない頃しか知らなかったから、その刀削麺を出すお店に行けることになってちょっぴりラッキーな気分でした。

てなわけで。
私としては、その刀削麺の、色々な味付けの中でも一番辛そうなものを選択^^
d0112043_0561030.jpg
「本場の辛~い!マーラー麺」(辛辛辛)。

辛さ加減を、(辛)、(辛辛)、(辛辛辛)の3段階に表記してありました。
つまり、このマーラー麺は一番辛い味付けのメニューなわけですね。
2週続けて、“お尻ファイヤー”になるようなメニューを選ぶワタクシ。
しかも、唇がアレルギーで荒れているってーのに、こんなの選ぶとはほとんど自虐的。
やっぱり求める刺激はエスカレートするんですよ、ええ(笑)。

d0112043_1202.jpg
d0112043_121243.jpg
麺はこんな感じ。
大きな塊になっている麺のもとをまさに刀で削るようにしゅっしゅっと削り、鍋に直接落としていくそうなので、麺も当然ふぞろい。ギザギザな感じになってます。
それが余計にスープを絡みやすくするんでしょうね、きっと。
実際、スープがとてもよく絡んでましたよ。一緒に入っているミンチ肉も一緒に絡めましょ♪
そして、ここの特徴なのか、パクチーがふんだんに入っておりました。
私はパクチーが大好きなんで、そういうのも含めて個人的にはとても気に入りました。
辛い味付けと濃厚なミンチ肉、そして爽やかなパクチーが三位一体。とっても良い良い^^

実は・・・これは単品で最初はオーダーしたんですが、途中でやっぱり辛くないものと一緒に食べたいと思うようになって(?)結局、スープ付き 高菜のせご飯のご飯セット(+200円)を途中で追加オーダーしちゃいました(笑)。

でも、これは大正解!だって・・・
d0112043_118510.jpg
こんなんで・・・
d0112043_1182465.jpg
こんなんですもの~~~。

もー、高菜と卵がてんこ盛り~♪
実は少し油っぽかったけど、でもこれ単品で食べられちゃうくらい美味しかったな。

ちなみに、スープは味が薄すぎてまずかった・・・(-_-;)
そりゃ、他のものが味が濃いのばっかりだからとバランスをとっているのかもしれないけど、味が薄い上に化学調味料の味が前に出てる感じがしてお口直しになんなかった。
それに、スープの入った麺のセットにスープってにもちょっとねえ・・・。
お腹がタプタプになるってばよ~(T_T)

次の日。
すっかりこのお店に魅せられた私は、また行っちゃいまして、今度は次に気になっていた「ネギと煮込みチャーシューの刀削麺(辛)」をオーダーしちゃいました。
d0112043_1243229.jpg
こちらも調子ぶっこいて、またもやご飯セットに。
今回のご飯セットは、にらと卵ごはんでした。

d0112043_1271322.jpg
だけど、これは少しだけ失敗。
だって、お肉がいっぱい入っていて、明らかにボリューム過多^^;
味は美味しかったし、しかもボリュームありとなりゃ本当は言うことないんだろうけど。
d0112043_1273993.jpg
よーするに、単品ならまだしもご飯セットにした私がアホなだけなんです・・・ははは。

d0112043_1284777.jpg
こちらがにらと卵ご飯。
高菜と卵ご飯同様なかなか美味しかったけど、個人的には高菜と卵の方が好みでした。
でも、こちらもなぜかやっぱり少し油っぽかったなあ。
高菜ほど味が濃くない分、余計に油っぽいのを感じたのがちょっと減点かも。

てなわけで。
なんだか今回は短い間に続けて食べてみましたが、色々と試せて、これはこれで面白い機会だったかも、と思うております。
で、今回の好みの勝利は「西安刀削麺酒楼」の方かな。
こちらの夜の料理もちょっと食べてみたい気がしてます。

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
[PR]
by lunchat | 2008-04-08 00:00 | ■中国料理とラーメン