カテゴリ:■タイ料理( 1 )
プルコギのタイ版?ムーガタ ~クンパオ~
私が情報を得る手段のひとつにTVがあります。
CM(CF)が好きなんで、結構、ぼーっとTVを観たり「ながら」でつけっぱなししていることも多くて(^m^)
で、今回のネタは、そのTVの(たぶん)情報番組から仕入れてきました。
途中から観たんで、TV番組の名前も覚えてないけど(笑)、興味が湧いた料理だけはしっかりチェック!^^

今回は「ムーガタ」という料理です。ええっと、タイ料理・・・らしいです。
それこそ途中から観たので、お店の名前もわからず、ただ「ムーガタ」という目の前の画面で展開されている料理だけしか手がかりがなくて。
でも、さ~すがインターネットな世の中。「ムーガタ」と検索しただけで、すぐにお店の名前もわかりました^^
それによると、ここ数年前(?)から本国タイで流行っている“タイ式焼肉”だそうで、いわく、「ムーガタの“ムー”とは豚肉のこと。肉や魚介たっぷりの鉄板焼きと、肉汁がこぼれたスープで野菜を煮込む鍋料理」だそうです。
焼肉といってもお肉だけじゃなくて魚介類も野菜も一緒だから、と~っても欲張りな料理。
どっかでは“韓国のプルコギをタイでアレンジしたもの”ってあったけど、材料だけだと、日本のすき焼きっぽいかもね。

さて、そんな例によっての薀蓄はこの辺にして(笑)。
ネットで調べたところ、新宿に「ムーガタ」を出しているところを発見。
というか、どうやらTVでのお店も同一だったみたい。
お店は、タイ串焼き屋台 クンパオ といいます。

さっそく、行ってみました。
d0112043_10542831.jpg
新宿3丁目の一角、そこはまさにとってもB級的な屋台風なお店でした。
席もとっても少なくて、室内に1テーブル、半野外(あ、オープンテラスつーんですか?(笑))に3テーブルという狭さ。

写真は夜ですが(食事が終わってから撮ったから)、行ったその時間はまだまだ明るくて、お客も私たちが第1号で、それでも金曜だったからか室内は予約席で、私たちは半野外のど真ん中の席に座ることに。

d0112043_1373094.jpg
で、座るやいなや、早速一番&唯一の目的である「ムーガタ」と、そしてやっぱビールでしょ~♪ってことでタイビールを注文。
と、否応なしにタイな気分に自らもっていき、ワクワク感を高めます^^*

ちなみに、ビールの後ろにさりげなく写っているのは、付き出しとしてでてきたお豆さん。
小さいながらもカリカリして香ばしく、ビールのいいおつまみになってボリボリ食べてしまいました^^


d0112043_1191295.jpg
そうしているうちに、主役の「ムーガタ」がこんなお鍋でド~~ン!と登場。
ジンギスカンのように真ん中が盛り上がったお鍋で、周りの淵(溝)のところに最初からスープと野菜、ベビーコーン、ふくろ茸がはいっておりました。

ところでこのお鍋、ちょっと触っただけでもすぐに動いてしまうような、とっても軽~いチープなアルミ鍋だったんですよ。なんで、取り扱いにとても気を使いましたわ。
だってね、コンロの上でしょ、力の入れ具合を間違えると、ガーって動いて中身を全部コンロにぶちまけそうなんだもん(笑)。
とゆーわけで、これをお試しになる場合、私のよーなガサツものは気をつけましょう(笑)。

d0112043_12155088.jpgまもなく、
←こんな感じでお肉&魚介類&たれ2種が登場。
たれは甘味が強いのと(生春巻につけるやつみたいな)ニョクマムベースのものでした。
このたれが美味しかった~!
このムーガタの具にとても合うんですよ~!ンマーイ!!
ということで・・・


d0112043_12345463.jpg
もー、調子に乗っちゃって、こんな感じでお肉とか魚介類とか、次々に載せちゃいます。
見るからにウマそうでしょ~ん^^*

d0112043_12423624.jpg
グツグツしてくるとなんかやっぱり気分も高揚するや~ね。
お肉や魚介類が焼けて出た肉汁などが鍋の溝にあるスープにどんどん落ちていって溶けこんでいって・・・どんどん美味しいスープになっていくんですよ♡♥♡
そしてそのスープに煮られることになる野菜などをさらにたれにつけて食べるんだけど、もー止まんないです(笑)。

具をすべて食べてしまって、残ったスープがもったいない。
そこで、お店のおばちゃんが聞いてみると、ごはんか麺があって卵も追加できるよってことだったので、麺を頼んでみました。
やってきた麺は、フツーの麺とはちと違う。
おそらく、フォーと同じように米でできた麺だと思うけど、さらに長くてきしめんのような感じ。
それと卵を残ったスープに投入してもらいました。
d0112043_15562419.jpg
こんな感じですね~。
お肉などを焼いていたところは、もー焦げ焦げ(笑)。
でも、溝にあったスープは、麺と卵に見事に吸ってもらって、それを美味しくいただきました♪

これだけで結構お腹いっぱいになったんだけど、宵のまだ早い時間の、暑くも寒くもない時期にテラス状態のところで飲んだり食べたりしているのが気持ち良くって、もう少しいようってことで、おつまみ的な料理を追加することに。
d0112043_165127.jpg
「クキレタスの漬物のサラダ(ヤム・パッカドーン)」
クキレタスって食べたこと、たぶんなかったけど、それがお漬物なってんの、しゃきしゃきしてて結構美味しかったよ。好きな味かも。
ちまちま食べて飲むには最高ね(笑)。

d0112043_16124456.jpg
続いて、タイ料理ではお馴染みの「青パパイヤのサラダ(ソム・タム・タイ)」を。
私がどーしても青パパイヤが食べたかったからオーダーしたんだけど、これがまたすっ・・・ごく辛かった!!
辛いのはたいてい大丈夫で大好きな私でもかなり辛さを感じるくらいで。
でもね、味付けが美味しい~!
口の周りがアレルギーで荒れてたけど、怯まず、口の周りを真っ赤にしながら食べたワタクシでした(笑)。

最後に総見。
お店は外見も中身もとっても屋台しててB級チック。
でも、それがまたよかったし、味もB級と思えばなかなかだし、私が好きな味付けが多かったです。コスパ的にも悪くないしね。

お店のおばちゃんはぶっきらぼうで、一見とっつきにくい感じの人。
友達なんか、ムーガタを火にかけている時にせっかちに触ろうとしたら、おばちゃんに「説明しているの、聞いてないわね~」って怒られてたし(^_^;)。
そーかと思えば、素直に「美味しいです~」っておばちゃんに言うと、にっこり笑顔になったりして。
そんなわけで、正直、愛想はいいわけじゃないけど、外国に行けば、店員の愛想なんてだいたいこんなもんだってわかっている人にはまったく問題ない感じかな。
日本にあるお店なんだから~って、こういう小さなお店にもサービスを求めようとしている人には不快になるかも。

私的には、新宿3丁目あたりにいてタイ料理が食べたくなったら、またふらっと行ってもいいかな~なんて思えるお店でした^^

にほんブログ村 グルメブログへ
にほんブログ村
[PR]
by lunchat | 2008-05-23 00:00 | ■タイ料理