<   2012年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧
バインセオ サイゴン
土曜、知人が大阪より上京するということでランチをご一緒することになりました。
『どこか美味しいお店で』
『好き嫌いは特にないけど辛いものは苦手』
『比較的大きな荷物を持っている』
『ランチ後移動する予定』
『カジュアルな服装である』
等のリクエストをいただいたワタクシ、責任重大さを感じてネット上で探したところ見つけたのがここ「バインセオ サイゴン」でございました。

ここは新宿の駅ビルと言っていいミロードのレストラン街にあるので移動が楽であること、駅ビルのレストラン街ならカジュアルでも大丈夫だろうこと、ベトナム料理なので辛い一辺倒ではなくてヘルシーな料理が多そう…ということで、恐らくすべての条件を満たしているんじゃないかと思ってね。

改めて見ると、ここでベトナム料理レポをアップしたことがなくて、ブログ上では事実上のお初となるベトナム料理。とはいえ、ベトナム料理自体を食べたことはもちろん何度もあるワタクシですが、今回のお店の一番の看板であるバインセオというのは食べたことがなかったのでした。

「バインセオ サイゴン」のサイトを見ると、バインセオ(Bánh xèo)とは、米粉で作ったベトナム版お好み焼きで、主にベトナム南部で食べられている庶民的な家庭料理なんだそう。
なるほど、ならば、粉もん文化の大阪の知人には尚更ピッタリですやん(笑)。

ベトナム料理は初めてではなくてもバインセオを食するのは初めてのワタクシタチ、バインセオ自体は食べたくても中身の具をどれにしようか少し考えた挙句、やはり定番とされる「豚、もやし、海老」が入ったものにすることにしました。
d0112043_9253640.jpg
やってきたのがこれ。
大きさは結構あるので一瞬(だけ)すごいボリュームだと怯むワタクシタチ。


d0112043_9263659.jpg
バインセオの断面図。
私の方のがちょっと焦げてて残念だったけど、中身はもやしがたっぷり入ってて見るからにヘルシーだよね。
本当にもやししか写ってないけど、豚肉も海老もありましたよ、念の為(笑)。


d0112043_9254576.jpg
こんな感じですよ。
オムレツ状態になっているバインセオを適宜にお箸で切って、ニョクマムベースのタレである「ヌクチャム」をつけて、右上に写っている野菜に乗せて包んで食べるのだそう。
粉もんの部分がとても薄いので薄焼き卵のよう。
だから、表面積的に大きさを感じるけど、実際はボリューム自体はそれほど多くないんだよね。
食べ方としては韓国料理のサムパプみたいな感じかな。

お味はというと、バインセオ自体にはほとんど味付けがされてないので、米粉と具とタレの味がモロに味わえるという意味ではとてもシンプルで、心を揺さぶるような感動は特にないけど、逆にとても食べやすくてパクパクいけちゃうのです。


d0112043_925279.jpg
せっかくなので(?)と、「巻ものの盛り合わせ」も別にオーダーして2人でシェアしましたよ。
生春巻き、揚げ春巻き、蒸し春巻きの3種類の巻ものが入っておりました。
うん、これは色々と欲張って食べれるからいいね♪
個人的には蒸し春巻きがモチモチの食感で面白かったな。


これら2種類のメニューをソフトドリンクで流しこむようなお子ちゃまなワタクシタチではないので(笑)、当然昼ビールをオーダーしました。しかもお代わりしてるし(笑)。
さすがにビール2杯も呑むとお腹いっぱいになって、2時間弱の間、実質初めてお逢いする知人と共通の話にお初とは思えないほど盛り上がって楽しい時間を過ごすことができましたよ。


駅ビルの上という究極に至便の良さがカジュアルに利用できそうだし、他にもちょっと気になるメニューもあったので、特にどーしてもまたすぐにでも行きたいってほどじゃないけど(笑)、例えば、急遽食べるところに困ったりした時に気軽に利用できそうな便利さがあるので、夜に一度行ってみたいなと思うてます。


【バインセオ サイゴン】(新宿店、有楽町店の2店舗あり)
http://shinjuku.vietnam-banhxeo.com/
http://tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13050196/
[PR]
by lunchat | 2012-08-11 00:00 | ■ベトナム料理
吉祥寺魚金と、アフター居酒屋としてのMISHIMA
吉祥寺に、あの未だ新橋を中心に絶賛増殖中の魚金が初進出したということで早速行ってみましたよ。

てか、オープンしたのはもう昨年のことだったんだけど、なかなか行く機会がなくて、しかもこの間、たまたま吉祥寺に行った時に行ってみようかという話になった時は満員で入れなくて…という形でことごとく機会を逃していたのでありますよ。
ま、魚金にそもそも一番のかき入れの時間帯に予約なしで行こうとすること自体が無謀な話であることは充分承知で(どっかんどっかん増殖中なのに未だにどこも難しいという、もはやバケモノ状態071.gif)、ならばと今回、予約しないでも大丈夫な時間帯…つまりはオープンと同時に行くことにしたのでした。

案の定、17時オープンと同時ならさすがに難なく入店できました。
でも1時間もすぎるとあっという間に満席。いやはや吉祥寺もやっぱりすごい(^_^;)。

でね、実は今回吉祥寺魚金に行くにあたって、事前に食べログを見てみたら、これがあまり評価が良くない。しかも“ あの魚金 ”なのに口コミが少ない。
評価の良くない口コミでもっとも多かったのが“お刺身の鮮度が良くない”と。
え?海鮮が得意で、特に“ お刺身が一番のウリの魚金 ”でお刺身の鮮度が良くないなんて致命的じゃないですか???
………一抹の不安を感じるワタクシ。

そんなわけで「まあ、とりあえず行ってみないことにはねえ」な~んて言い聞かせながら行くことになったといういわくつきでございましたよ。
d0112043_2258166.jpg
まずはお通し。今日は大根と里芋とイカの煮物。
別にまずくない…てか、むしろなかなか美味しいじゃないの。


d0112043_22582511.jpg
そんなわけで、お約束のお刺身3点盛りからオーダー。
友達と2人で「さてさてどうなんだろうねえ」なんて言いながら、若干牽制しあったりして(笑)、で、恐る恐る(?)食べてみるワタクシたち(笑)。

………あれ?美味しいじゃない?
全然問題ないよ?鮮度も大丈夫だし、若干、いかにも冷凍されたのを出してきました感があったけど(笑)、こちらもむしろ美味しいよ。
最初の口コミの刷り込みがあったもんだから、実際に食べ初めてもすぐに自分の口が信じられなくなっている始末で(笑)。
いやはや、刷り込みって恐ろしいね(笑)。


d0112043_22583472.jpg
こちらは友達がオーダーした明太子とうふ。
これもフツーにそこそこ美味しくいただいたのですが、実は最近豆腐中心のプチダイエットをしているワタクシには、さすがにお豆腐は食傷気味で(^_^;)、1/3ほどだけいただきました。


d0112043_22584214.jpg
らっきょうの醤油漬け。これは旨かった!
思いっきり酒のアテなんだけど、漬かり具合もちょうどよかったよ。
もー、日本酒がすすむすすむ(笑)。今回もガンガンいっちゃいます049.gif


写真を写すのを忘れていた小海老のから揚げなど一度にいっぱい食べたので結構この時点でお腹が膨れていたのだけど、魚金に来たからにはどうしても気になるメニューがあって、それは………
d0112043_22585258.jpg
この鯨の竜田揚げ。
そう、今や鯨が食べられるお店はそんなにたくさんはなくて、鯨の竜田揚げが給食に出ていた頃が幼少だった人間としては、どうしてもノスタルジーで鯨が食べたくなるわけなのです。
これも鯨の臭みもなくて全く美味しくいただきました。

結局のところ、あの食べログの評価は一体何だったんでしょう?ってぐらい、全く問題がなく、すべてにおいてほとんど新橋と変わらなく料理もお酒も楽しむことができました。
うーん、良くない評価が出て改善したのかな?その辺はよくわからないけど、でも、それだったらそれで、そのあとに良い評価も続くはずなんだけどね。
ま、これで、口コミはやっぱり全面的に信用できるものではないから(嘘を書いているとは思ってはいないけど)結局は自分で実際に行ってみるしかないってことが証明されたわけでもありますね。

次行った時も同じ調子なら安定していると思っていいんだろうけど、次いつ行くか全く未定なので、また時間をおいて再訪しようかと思うとりますよ。


さて。
平日だし、友達は次の日はフツーに朝から仕事があるからと早めで引き上げるつもりだったのだけど、やっぱりどうしても2軒目に行きたくなったので、河岸を変えることにしました。


2軒目は、友達がワインが呑みたいというリクエストから、お久しぶりの「MISHIMA」。
d0112043_2259075.jpg
ということで、赤ワインをボトルでオーダーし、おつまみはオリーブで乾杯060.gif
一番安い若いワインだったからか、冷やした状態でやってまいりましたよ。
同時にオーダーしたオリーブは、ちょっと萎びた感じ。ややしょっぱくて評価は正直降下050.gif


d0112043_22591031.jpg
ワインのお供にと、さらにチーズの盛り合わせをオーダー。
各種のチーズはそこそこ美味しかったんだけど、パンがイマイチ。
どうイマイチかというと、なんだか冷凍してたものを自然解凍したような感じでボソボソしてた。
スタッフも愛想はあんまし良くないし。まあ、別にこちらは期待していたわけじゃないけどちょっと態度が気になったかな。


ということで。
期待はしちゃいかんと思いながら行った「吉祥寺魚金」が全然良くて、評価が比較的いいはずの「MISHIMA」がイマイチだったという、大変面白い展開になった水曜の夜でございました。


【吉祥寺魚金】
http://www.uokingroup.jp/
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13133563/

【ミシマ】
http://tabelog.com/tokyo/A1320/A132001/13005865/
[PR]
by lunchat | 2012-08-08 00:00 | ■呑むほどに酔うほどに
旬菜食堂 山吹 in狛江
狛江在住の友達が、仕事が一段落したから、前から気になっていたお店に行こうよと誘ってくれました。
d0112043_15263213.jpg
それがこの山吹というお店なのです。もちろんお初。
旬菜食堂となってるけど、もともとは串かつのお店だったそうで、最近(?)串かつだけではなく他の料理も出すお店となったそう。
そんなに大きなお店ではないし地元御用達という感じらしいけど、串かつが美味しいとの評判だそうで、友達はそれを観ていたら猛烈に串かつが食べたくなったらしい(笑)。

中に入ると男性料理人がいらっしゃって、何となくこだわりをもってて小難しそうな感じもしたので、事前に写真を撮る許可を得ましたよ。


d0112043_15264199.jpg
まずはお疲れちゃーんということで、ビールで乾杯。
こちらは白穂乃香という名のビール。
きめ細やかで優しくて、普段ビールの味があまり良くわからないという私(爆)ではありますが、とても美味しくいただきましたよ。

メニューを色々と見てみると、結構自分好みなものが多くて結構迷っちゃいましたわ。
何故かっていうと青魚系のメニューが多くてね。私、無類の鯖好きでもあり青魚好き。そんな私の胸中を見透かされているようなラインナップでしたわ。


d0112043_15264893.jpg
その中でダントツ&真っ先に食べたいっ!と思ったのがこちら「鯖とアボカドのブルスケッタ」。
これ、大ヒット!!めちゃくちゃ旨かったよ。
鯖とアボカドの組み合わせなんて普通考えないよね。なのに合うんだなこれが。
他にもバケットにマーガリン(たぶんバターじゃないと思う)が塗ってあり、マスタードも入ってるし、さらに上には粒胡椒。かいわれ(あれ?水菜だったか?)もイン。
色々な味が口の中で合わさって、実に複雑な味として美味しく感じましたよ。
鯖はもちろん全然生臭くないしお刺身として充分食べられるものだしで、もう言うことないですよ。
家で真似てやったら出来そうにも思うけど、きっと微妙に出せないだろうなと思う一品でした。
いやもう、これのためだけに再訪したいと思うくらい、鯖好きな私としては花丸状態でした053.gif(うっとりと妄想モードw)


d0112043_1526561.jpg

d0112043_1527446.jpg

d0112043_15271337.jpg

d0112043_15272159.jpg
串かつに定評があるということだから串かつおまかせ8点をオーダーしてみました。
ほたて、カマンベール、いわしの梅シソのせなど色々といただきましたが、どれも衣がサクサクで、揚げ物なのに全然重くなくて旨い!
ソースは壷に入っているソースに二度漬け禁止…とかそういうのじゃなくて、それぞれの小皿にお好みで。
いわしの梅しそなどはもちろんソースなしで食すし、タルタルソースがかかっているものももちろんそのタルタルソースでいただきます。
このタルタルソースが個人的にはすごく好き。見た目と違ってあっさりしてて美味しい。たぶん自家製だと思うよ。


d0112043_15272896.jpg
こちらは「豚のガーリック風味ペーストと薄切りバケットの前菜」。
ペーストは豚感(っていうの?w)いっぱいで食べごたえあって、こちらは完全にワインのおつまみですねん。
ええ、実はこの頃は早々にワインにシフトしておりましたよ(笑)。

そうそう、ここのドリンクメニューなんですが、ワインが無茶苦茶安いんです。
特にハウスワイン。だってね、ボトルで1200円なんですよ。信じられない安さ!ですよ、奥さんっ!!
聞けば、ワインはスペイン産だそうで、お徳用の箱に入っているやつ。
ちゃんとこれですよって見せて下さいましたから正直ね(笑)。
箱のものだとしても、普通ボトルぐらいの量を1200円で出すところってまずほとんどないよね。
そりゃ、新宿とか銀座とかの都心部じゃないから出来るとも言えるかもですが、でも味もハウスワインと侮るなかれ、刺すような刺激もないしありがちな軽さもなくて結構美味しかったですよん。


d0112043_15273578.jpg
「牛ハチノス(胃袋)の黒豆蒸し(小皿)」。
メニューには小皿ってあるけど、全然小皿じゃなくてちゃんと量もありましたよ。
ハチノスの黒豆蒸しなんて珍しいと思ってオーダーしたものだけど、味はこちらは打って変わって思いっきり中華風で、青唐辛子が結構効いてて辛くてやや味が濃かったかな。でもそれが逆にお酒が進んで困ります(笑)。


d0112043_15274392.jpg
お腹はそろそろ一杯になってきているんだけど、ワインが安いのをいいことにダラダラと飲みたい私達は、さらにワインのおつまみになるものをということで、王道のポテサラを頼んでみましたよ。
アイスクリームを成形するやつを使ったんだなと丸わかりの、なかなか大胆なレイアウトです(笑)。
味も王道のポテサラでしたよん。


d0112043_1527505.jpg
かじかの子の醤油漬けというのがあったのでそれは珍しそうだからと頼もうとしたら、シェフに「…それはワインには合いませんよ」と言われ、それはもっともだと思い、代わりにオーダーしたのがこのブルーチーズ。
ブルーチーズはもちろんワインのお供としては王道中の王道。
こちらのブルーチーズはどこのか聞かなかったけど、それほどカビもキツくなくて、ちびちびワインを飲みながら食べるには最適でございましたわ。


d0112043_15275724.jpg
ダメ押しでオーダーした「蒸し鶏(柚子こしょうだれ)」。
こちらは胸肉を蒸したものだと思われ、ややパサつき感を感じたけども、概ね美味しくいただきました。


ということで、今回もガッツリ飲んで食べましたね(笑)。
しかし、狛江も「太乃志」といい、なかなかどうしていいお店が多いですなあ。
すぐ隣であるうちの街もこだわりのお店があると思うけど、単に私が開拓してないからだろうけど未だにこれというお店が見つかってないのが現状で。
新参者のうちらよりどうも常連さんにばかり愛想良く気が行っていることが少し気になったけども、それは地元に密着しているお店なんだからしょうがない話。
それを差し引いても、こんないいお店が狛江にあって、若干ジェラシーを感じるような今回のお店でございました。


【旬菜食堂 山吹】(リンクでは、「串かつ山吹」と表記)
http://tabelog.com/tokyo/A1326/A132603/13054188/
[PR]
by lunchat | 2012-08-04 00:00 | ■呑むほどに酔うほどに