新大久保「韓流」でキムチカルビチム~西大門のお店に思いを馳せ~
ここでは何度か登場している、新大久保(正確には歌舞伎町)の「韓流」という名の家庭韓国料理屋さん。
またまた久しぶりになったけど行ってきました。
この日は、出稼ぎがあったんだけど、その出稼ぎにて上司の見通しがムチャ甘くて(←いつも)予想外の大残業になってしまい、約束した友達を1時間以上も待たせてしまうという大失態をしてしまいました。
私のせいではないとはいえ、寒空の中待たせることとなりかなり心苦しかったです。ようやくおちあって平謝り、その後無条件に(?)「韓流」に向かったのでした。

と、食べ物ブログにはどーでもいい前置きはこの辺にしておいて(笑)、「韓流」レポを。
近い過去の過日に韓国に行ってきたばかりなんだけど、懲りずに韓国料理。しかしこれには理由がありまして。
今回の韓国旅行では、数年ぶりに西大門にある「ハノクチプ」に行って来、名物のキムチチムを堪能してきました。
酸っぱいキムチが大好きなワタクシ、やはりここのキムチチムは好きだなあ~という気持ちを改めて確認したと同時に、旅行後もどうしても思いを馳せてしまうわけです。
で、それに一番近いのはどこの何かというと、この新大久保の「韓流」のキムチカルビチムなんですね~。
だから、その思いを満たすためにも今回、行ってきたというわけ。



d0112043_1442920.jpg
いつもながらの充実&多彩なパンチャン(付き出し)
もちろん無料&お代わりできますよ。メインがあるので大抵はしませんが(笑)。
今回のヒットはケランマリ(玉子焼き)。パンチャンのための作りおきで冷めてるとはいえ、キムチと一緒に食べるとグー(死語)。
対してイマイチだったのはコンナムル(豆もやし)。今回のは青臭くてそれが口に残っちゃった。恐らく下処理がちゃんとしてなかったんじゃないかな。豆もやしは大好きだけに残念。
キムチは相変わらず旨し053.gif

d0112043_14484615.jpg
今回の最大のメインのキムチカルビチムの登場ですよ。・・・とはいえ、写真は火を入れる前のなのでとても美味しそうて感じじゃないですね(笑)。

d0112043_14512119.jpg
お鍋には丸ごとの、充分漬かったペチュキムチ(白菜キムチ)が入ってます。なので、火を入れ始めてすぐに、お店のおねーさんがビローーンと取り出し、チョキチョキと調理用はさみで切ってくれます。この行為はパフォーマンスでもなんでもないんだけど、見慣れない日本人としては一種のエンターテイメントと言っていいかも~(^m^)

d0112043_1455517.jpg
お肉は骨付き豚カルビなので、お肉も食べやすい大きさにジョキジョキ~♪

d0112043_14573448.jpg
こんな風になりましたぁ~・・・って、これじゃ何の鍋かさっぱりわかりまへんな(笑)。
しかも写真ボケてるし(^_^;A)

でも色味を見ていただければわかるようにこのお鍋、すごく美味しそうでしょう?
旨みがぎゅっと濃縮された酸っぱいキムチと骨付きカルビのお鍋なのでまずいわけがありませんて!!
辛い!でも旨ぁぁぁ~い~!!
そんな鍋なんですよ。
今回一緒に行った友達はそんなに辛いのが強いわけじゃないんだけど、この鍋に至っては、まさに「ああ辛い~っでもすごい美味しい~!」って言いながらパクパク食べてました。
2人ともお腹が空いてたってこともあったけど、入店してお鍋をセッティングしてもらって、30分くらいで一気に喰いしちゃいました(笑)。

大半を食べてから、さすがにピッチが早すぎたねーなどと軽く反省して、ようやくここでスローダウン。

d0112043_1554479.jpg

d0112043_155476.jpg
大半は食べたといえ旨み濃縮のお汁が残っていたので、もうお腹はいっぱいだというのにポックンパプ(韓国風おじや)をつくってもらいました。
残りのお汁に、ご飯と韓国のりと卵とえごまの葉と胡麻油を入れたポックンパプ。そりゃあーた、まずいわけがありませんっ!
軽くおこげができたりして、もうもうもう・・・(エンドレス)

お腹いっぱいなのに食べちゃいましたよ~。ホント、美味しすぎて罪な食べ物です(笑)。
同行の友達なんてお酒がもともと飲めないから最初から別にご飯を食べてたのにこのポックンパプも食べて、結局ご飯2杯分食べたことになってしまい明らかに食べすぎなんだけど、それでも大満足の様子で私も満足満足(^-^)

ソウルは西大門の「ハノクチプ」にはなかなか行けないし、今度はいついけるかもわからない、そしてハノクチプのキムチチムとはここのキムチカルビチムとは全くの別物なんだけど、ここのキムチカルビチムをたまには食べていれば、ハノクチプに行きたい欲求が満たされるかなと思いなおしたワタクシでした。

余談。
今回同行の友達、私とよく行くこの「韓流」や「四季の里」に行くようになってから、キムチの味がわかるようになったとのこと。
彼女、いわゆるB級をこよなく愛する食いしん坊ながら、食べ物の好き嫌いも多く、味のこだわりもさほどないひとなのです。だけど、キムチに関しては、その2店のキムチを食べるようになってから、自宅でキムチが食べたい!と思ってスーパーに売っているものを食べるも、日本のスーパーに売っているものってコクも旨みもないものが多いから満たされなくなったんだって。
当たり前のことかもしれないけど、やっぱり色々と食べ比べればおのずと良さってわかるもんなんだよね。
彼女の、キムチに関しては舌が肥えたというその話を聞いて、ちょっと嬉しくなったワタクシでありました。

【韓流】
東京都新宿区歌舞伎町2-20-11 玉野ビル 1F
(TEL)03-3207-0983
http://r.tabelog.com/tokyo/A1304/A130401/13051184/
[PR]
by lunchat | 2010-02-11 00:00 | ■韓国料理
<< 池袋・スペイン喰い飲み処 Ba... 久しぶりにアカシア >>